人気 の秘密は? 住み 心地 は?気になる全貌を 一挙公開

日常生活にスパイスを。デザイナーズならこだわりを追求できる

憧れを抱いている人はどのくらいいる?Longing designer condominium

アンケート&結果

近頃は働き盛りの20代後半~30代に不動産(マンション)の購入を検討している人が多くなっています。「自分のペースで生活をしたい」、「そろそろ自立したい」など人によって購入理由は様々。

そんな中、そうした若い世代向けのデザイナーズ物件の数が増えており、「エッジの効いたつくりが好き」と言う人たちに人気があります。しかし、実際のところ、どれくらいの人がデザイナーズマンションに住みたいと考えているのでしょうか。

そこで、❝デザイナーズマンションに住みたいと思っていますか?❞というアンケート結果を見てみましょう。

デザイナーズマンションに
住んでみたいと思いますか? グラフ

出典:おしゃれなデザイナーズマンション、あなたは住みたいですか? (@いえらぶコラム)

こだわりが強い人から人気

おしゃれでこだわりが強い42%もの人が、デザイナーズマンションに住みたいと答えています。しかし、58%の人は住みたいとは思わないと答えており、「デザイナーズマンションは住みづらそう」や「家賃が高そう」など暮らしやすさを重視した意見が目立っています。様々な意見がありますが、じっくりと不動産探しを行なうことでおしゃれで暮らしやすい物件を見つけることができるでしょう。

男性

男性

今まで普通のマンションにしか住んだことないから気になります。おしゃれな生活に憧れているので一度は住んでみたいですね。 

男性

男性

最近物件探しを行なっていたらひときわおしゃれなマンションを見つけて、それがデザイナーズマンションだったんです。ハイセンスなつくりが好きな僕は一目惚れしました。

女性

女性

元々、お部屋や家具などはおしゃれなつくりが良いため、それにマッチするデザイナーズマンションに絶対住もう!と決めています。

デザイナーズマンション住人のリアルボイス

デザイナーズマンションの住み心地はどうなのかやはり気になりますよね。実際に住んでいる人たちの声を聞いてみましょう。

男性

男性

他のマンションと違って、デザインがやっぱり素敵です。僕の家はコンクリート打ちっぱなしなのですが、シンプルな内装なので家具の魅力がさらに引き立ちます。遊びにくる友人に「かっこいい」と言われてとても自慢です!

男性

男性

バスのシャワーはドイツ製で高級感があります。ちょっと重いので手で持って体を洗い流すことはしないのですが、あまり気にしていません。天井は高く開放感があり、ストレスを感じません。自分にとって最高の居心地です。

男性

男性

凝ったデザインでおしゃれだったので、掃除に気を遣わないといけないのが大変でした。しかし、お部屋に合ったインテリアを設置して自分好みの空間になっているので、お部屋を借りて後悔はしていません。今後も住み続ける予定でいます。

凝ったデザインで友人に自慢できるや、天井が高く開放感があるなどの満足を示している人もいますが、なかには掃除が大変と答える人もいました。あらゆる物件を見に行き、デザインや設備などが自分のライフスタイルに合っているのかチェックすることが必要ということが分かります。

デザイナーズなら分譲型賃貸マンションが狙い目!Condominium-type apartments

普通の賃貸とどこが違うの?知って得する分譲賃貸

普通の賃貸マンションは賃貸が目的となっており、ほとんどが2年契約です。満期になれば再契約か退去のどちらかを選ばなければなりません。一方、分譲型賃貸マンションは2年~5年が契約期間となっており、長期間住めるようになっています。これが普通の賃貸マンションと分譲型賃貸マンションの違いです。また、浄水器や床暖房、テレビ付きインターフォンやシステムキッチンなど、設備のバリエーションが多いのも特徴的です。入居者が長期間住むことを前提としたグレードの高い内装も魅力的であり、一般的な賃貸マンションよりもデザインにこだわった物件も多くなります。

分譲型賃貸マンションの最大のメリットは、❝固定資産税❞を支払う必要がないという点です。一般的な分譲マンションは持ち家になるため購入しなければなりません。そうすると嫌でも固定資産税を支払わなければならなくなってしまいます。しかし、分譲型賃貸マンションはあくまでも賃貸なので、固定資産税はかかりません。

自分に合った生活を手に入れよう Get a life that suits you

デザイナーズマンションの選び方

快適な一人暮らしを追求するためには、自分に合ったお部屋を見つけなければいけません。杉並区で住み心地の良い物件に出会うためにも、デザイナーズマンションの選び方を知りましょう。

デザイン design

❝デザイナーズ❞と名前が付きますから、外観と内装両方の造りにこだわっています。室内がコンクリート打ちっぱなしになっていたり、壁の色が全て白で統一されていたりと物件によってデザインが違います。また、外観がボックス型になっていたり、外壁の色が一部だけ違っていたりと遊び心も溢れているのです。まずは、様々な物件を実際に見学して触れてみることが大切です。触れることで見た目だけでなく質感も知ることができます。

使い勝手 Usability

見た目にこだわっているだけあって、ベランダがない物件もあります。そのため、外で洗濯物が干せないと悩む人もいます。また、ベランダはあったとしても、布団を干してはいけないという条件が定められている物件も中にはあります。デザインを見ることも大切ですが、使い勝手の良し悪しもチェックすべきポイントなのです。とくに長く住み続ける人はこだわりが弱点とならないように、契約をする前に管理会社に気になる点を聞いておきましょう。

周辺環境 の利便性 Convenience

物件探しを行なう際、非常に重要なことがあります。それは、❝どのエリアに住むか❞です。自分好みの物件を見つけられたとしても、アクセスが悪いと通勤や買い物などが困難になります。通勤のことを考えたら駅付近がベストエリアとなるでしょう。駅から徒歩10分や5分以内の物件だと余裕を持って通勤ができます。会社まで電車一本で行けるかなどの情報も確認しておきましょう。安全な生活を過ごすためにも治安の良さを知っておくことも重要です。